まず、ケトン体回路を活性化させましょう

ダイエット

ケトジェニックダイエットができるかどうかは、ケトン体回路が活性化されるかどうかにかかっています。

通常の糖をエネルギーにする解糖系が優位な状態では、ケトン体は糖の代用物として使われません。

ケトン体がエネルギーとして使われなければ、糖がなくなると低血糖になり、活動することができません。

ところが、1日50g=200kcal以下の糖質で生活していれば、ケトン体回路が動き出し、糖質なしでも活動できるようになります。

糖質を少なくする分、たんぱく質と脂質の摂取量はあげるべきです。

PFCバランスは たんぱく質4 脂質5 糖質1以下になります。

通常はたんぱく質3~4,脂質1~2,糖質4~6。

 

栄養学のコペルニクス的変革が、ケトジェニックダイエットを実践するためには必要になります。

 

糖質が、多くの病気の原因であるという説を私は信じます。

 

人間やめますか?

糖質やめますか?

 

糖質過剰摂取で、健康を害していった方々の数を考えれば恐ろしくなります。