悲しすぎる出来事

徒然日記

安倍元首相 7月8日 死去

日本国民として悲しすぎる事件でした。

日本の国を愛した政治家が、こういう形で命を落とすのはあってはならないことでした。

警護関係者にも大きすぎる衝撃を与える事件でした。

いくつもの”IF”で、世に中は動いていきます。

不審な人物に職務質問しておけば、日常の生活は続いていったでしょう。

安倍さんという重しがなくなったことは、今後の日中関係になんらかの影響を与えるでしょう。

日本の経済政策も、財務省主導の緊縮財政に向かう懸念も言われています。

安倍氏の悲願であった憲法改正は勢いつくかもしれません。

享年67歳。

再度、総理大臣の可能性もあったでしょう。

亡くなられた方には”IF”はなくなり、仏様になっていく。

生きている我々は、より良い未来を実現できるよう、多くの”IF”で適切な選択をしていく義務があると感じます。