抗議

徒然日記

集合写真で口を覆ったドイツ代表 日本戦前、腕章巡りFIFAに抗議 - サッカーワールドカップ(W杯):朝日新聞デジタル

日本戦の時の、ドイツのカタールの人権問題への抗議。

試合前日に、抗議をすべきかどうかで、1時間の白熱した議論があったそうです。

 

カタールでは、同性愛は7年間の禁錮刑。

過酷な労働による外国人労働者の死亡。

 

民主主義国家の人権意識からすれば、カタールでの開催に問題があったのでしょう。

根底には、イスラム社会と欧州社会の対立もあるのかもしれません。

 

日本戦敗戦の後、ドイツの元サッカー選手が、ドイツのニュース番組でアジア人への差別発言。

その後、本人とテレビ局が謝罪

チン・チャン・チョン=アジア系を差別する単語

 

無関心でいれば、差別はなくならないわけだから、ドイツチームの抗議は、それなりに意味があったのかもしれません。

 

サッカーそのものが、植民地政策で世界に広がっていったスポーツ。

時代とともに、人権意識は変わっていきます。