ワールドカップ終了

徒然日記

メッシ 35歳 4年後のワールドカップ出場の可能性もでてきました。

アルゼンチン スカローニ監督は、44歳。

今大会、最年少監督にして、4番目に若いワールドカップ優勝監督になりました。

 

アルゼンチンのインフレ率 10月再加速

年率88%増!

 

石油成金国家 カタールで、インフレに苦しむアルゼンチンが36年ぶりの優勝。

 

所得税もなく、光熱費も無料のカタール。

日本も、増税ばかり考えず、新たな産業を興し、税金がない国家を目指して欲しいものです。

石油に代わる、水素エネルギーなどの開発。

人工知能やロボット産業による生産力アップ。

 

ここで増税して景気を冷やすことは、日本のためにはならない可能性が強いでしょう。

 

ワールドカップは、世界の国々を知るきっかけになるイベントです。

 

かつて、裕福な国であったアルゼンチンが、経済政策の失敗で、後進国に逆戻り。

1940年代、石油発見以前は、漁業と真珠だけの国であったカタールの躍進。

 

今のところ、独裁国家の正しい経済政策の見本です。

 

まずは、4年後、世界はどう動いていくのでしょう

 

ウクライナ侵攻の決着は?

中国経済と台湾問題

欧州の経済危機

 

台湾も1978年からワールドカップ アジア予選に参加。

 

今回は、2次予選リーグ敗退

1位オーストラリア

2位クエート

3位ヨルダン

4位ネパール

5位台湾 0勝8敗 得点4 失点34

 

台湾は、サッカーより野球が人気なんでしょうね。